「入社したらとりあえず3年」とよく言われますが、3年いたやつらは軒並み腐っていってる件。

これ、よっぽど芯が強くないと知らず知らずの間に陥ってます。

入社前にとても素敵な人材であっても、です。

それじゃ悔しいだろう。情けないだろう。

あなたにはあなたにしかできない戦い方がある。

周りの言葉に惑わされず、まずは自分と向き合ってみましょうよ。

 

なんで3年?

 

まずこれ、誰が言い出したのか?

考えたことあります?

そしてこれ、3年経ったらどうなるかって誰も語ってないんですよ。

気付いてました?

 

3年続けるとどうなるか?答えはカンタンです。

その会社に染まるんです。環境や仕事に慣れて、実際に離職率も下がります。

 

よく「3年は働いてみないとその仕事の面白さはわからない」とか言ってる人いますが、正気ですか?

 

そんなことわかるのに3年もかかる時点でヤバイって。

 

3年かけてわかることと言えば、(先輩社員の姿を見て)この先自分がどうなるかということと、その会社の派閥や影響力ある人、1年目にはわからなかった暗黙のルールくらいのもんです。

それを「とにかくまずは3年って言うし」なんて曖昧な理由で、自分の頭で考えることを保留しているだけで、保留したら保留した分だけツケが回ってきます。

3つ年齢を重ねたら、それだけでキャリアチェンジの選択肢は確実に狭まります。

自分の将来を考えることを保留にしたツケは、今の会社や職場が嫌になったからといって、簡単には抜けられなくなる、というメガトン級のツケです。

しかもこれ、転職を試みた時にはじめて気付いたりします。

 

3年の間に従業員はどう変化するか

 

一番活き活きしているのは入社した時です。

少なくとも何かしらの期待を抱いて、自分で選択した会社ですから。

また、その組織の足りない部分や改善点が見えるのもこの頃です。

それは最初の内だけで、そこからどんどん顔が死んでいきますw

 

でも、新人の立場で何か意見するのはおこがましいし、まだ環境に慣れるのに精一杯なこともあって、とりあえず様子を見ます。

少し慣れてきた頃、やっぱここはなんとかしないと!と思うことを発言してみますが、ずっとそれでやってきた組織はそうカンタンに変わりません。

変わらないことがわかると、意見することを諦めていきます。

諦めると改善提案はしなくなって、その組織の中での処世術を身につけていきます。

 

段々と任せられる仕事が増えて、自分は頼られてる!成長してる!

と思ってる人がたくさんいますが、それは勘違いです。

残酷ですが、本当です。

 

仕事が増えて、自分の時間や睡眠時間が削られていることに気付いてますか?

やることが増えているのに、たいして給料が増えていないことに気付いてますか?

成長と思ってるそれは、他の会社でもそのまま役に立つことですか?

あなたじゃなきゃできないことですか?

 

3年働いた先に何があった?

 

既に入社から3年経つ人、ちょっと考えてみてください。

早いもので、あれから3年経ちました。

 

「とりあえず3年」働いて、何が手に入りましたか?

この先数十年、そこで働いていく見通しはつきましたか?

この先数十年、そこで働いていきたい何かは見つかりましたか?

 

「とりあえず3年、その先のことはそれから考えよう」と思っていた人たちが、「とりあえずの3年」だったことすら忘れて、10年以上も会社にいます。

新卒でも10年経てば30代です。

もう未経験の業種に転職するには難しい年齢です。

 

自覚はなくても、昔からそういう社会構造だし、そういう風潮です。

日本の人材業界は。

何か縁が無いとそういうことは教わらないので、気付いた時には後の祭り。

動くに動けず、惰性で同じ会社に居続けている人が腐るほどいるじゃないですか。

 

これが、考えることを保留したツケです。怖っ。

そして、自分の将来をどう持っていくか考えることを保留したつもりが、それは自動的に今の会社にあと何十年も居続けることを選択していることを忘れちゃいけない。

僕が人事の頃、面接官である僕の前で一生懸命取り繕う求職者を見て、「あなたの人生を本当に想うなら、居るべきはここじゃないんだけどな…」とジレンマを抱えながら面接をしていました。

 

定義とケツを決めよう

 

「ケツを決める」のは大事なことです。

「ケツでキメる」っていうとなんかやらしいですね(言いたかっただけ)

 

ケツを決めるとは、この会社にいつまでいるのかということです。

ずっとですか?それこそ3年ですか?

これを決めずに保留すると、「ずっといる」を選択しているのと一緒です。

だって、ケツが決まってないんだもの。逆説的だけど。

 

定義を決めるとは、この会社で何を得るか、ということです。

スキルや経験ですか?それとも生活水準ですか?

これを決めずに保留すると、惰性でダラダラ居続けることになります。

そうなるといま一度、その会社、ずっといますか?

 

会社で働くことは手段です。

何かを得るために働く、そのための会社です。

あなたがどんなに精を出しても、結果を出しても、得をするのは会社や創業者です。

そこでどんなに自分の存在意義を見出しても、あなたの代わりはいくらでもいます。

残酷ですが、特定の業務を属人化させないのは当たり前の経営課題ですから。

 

だからあなたのことは、あなた自身が考える必要があります。

定義が決まっていれば、それを目指して働くので、手に入る時もあるでしょう。

決めていたものが手に入ったら次にいくくらいのつもりで。

何年居ても手に入りそうになかったら、そんな会社は今すぐ辞めるべき

 

辞めた後の心配でなかなか足が前に出ないかもしれませんが、大丈夫です。

本当に心配なのは辞めた後のことよりも、そのままそこに居続けた未来の方です。

あと5年、10年、今の環境に居続けたらどうなりそうですか?

 

 

・・・ぶっちゃけ、ちょっとゾッとしませんか?w

 

「とりあえず3年」がんばらなくていい。

 

「とりあえず3年…は…がんばらないと…」と強迫観念に駆られて耐え忍んでいる人をよく見かけます。

大変だったでしょう。眼前のことに一生懸命、闇雲にがんばって、上がらない成果に悩んで辞めたくなったことは、きっと一度や二度じゃなかったでしょう。

誰も大声では言えなかった、華やかな求人広告や企業プロモーションの闇の部分ですよね。

 

もう一度じっくり考えてみましょう。

3年にこだわる理由はなんですか?

どうしても3年居ないと手に入らないものがありますか?

 

僕が知る限り、3年いた人が本当に3年いてよかった!と言ってる人、ほとんど知りませんよw

大体その会社に染まって、歯車としてうまく噛み合って、自分が居なきゃダメなんだ!と幸せな勘違いをして、後に引けなくなるまで保留してる人ばっかりです。

 

ケツと定義も決めずに、「とりあえず」と保留し続けて激務に耐えている人を見ると、危なっかしく見えるのです。

そうまでしたその先に、何かかけがえの無いものがあるようには思えないからです。

 

本当に苦しかったら、辞めてもいいんです。

苦しいのはあなたが仕事ができないからじゃありません。

断言します。

今の環境が合っていないか、あなたの本心がアレルギー反応を起こしてるだけです。

 

だから、3年を待たずに辞めたって、休職したって、何も悪いことはありません。

先は長いんです。こんなところで全てを投げ売って、あなたの心や体が壊れてしまったら元も子もないんですよ。

仕事の責任を感じるあなたはきっと責任感が強い人なんだと思いますが、自分を大事にしてあげてください。

自分の体は自分でしかケアできませんが、仕事は自分が抜けても、残る人たちがなんとかします。

もし相談できる人がいなかったら、僕が力になりますよw

 

戦略を持ってキャリアを考えよう

 

僕自身、4度の転職で5社を渡り歩きました。

そのうち1社は求人広告のベンダー。

そのうち3社はそれを使う人事部です。

実は僕のキャリアはプロフィールに書いている通り偶然の産物ですが、転職市場やキャリア形成について相当詳しくなりました。

 

そんな僕から見て、申し訳ないですがキャリアと将来に戦略を持っている人はごく少数のようにお見受けします。

こういう人は決まって、自分にはどんな仕事が向いているのかわからない、転職したいけど良い会社が見つからない、と言っています。

その考え方で仮に転職が成立したとしても、また同じようなことに悩むでしょう。

 

大切なのは、何が不満なのか、自分に向き不向きな環境はなんなのか、これを徹底的に考察することです。

では、何を考察すればいいのか。

 

●今の不満はなんなのか?それはどうなれば解消するのか?

 例:給料が低い → いくらプラスになれば満足か

●じっとしている仕事、動き回る仕事、どちらが性に合っているか?

●細かく指示された方が動きやすいのか?自分のやり方を考える方が動きやすいのか?

●自分の特性に合う職種はなんなのか?

 

こんな感じです。

好きな仕事ややり甲斐のある仕事の方が楽しめるし、長続きしそうと考えがちですが、実はこれこそが考えがまとまらない原因です。

ちょっと抽象度が高くて難しいと思うかもしれませんが、少しずつ説明していきますね。

 

行き着くところは「人のため」

 

もっといい生活がしたい、異性にモテたい、タワマンに住みたい・・・

エゴ全開の動機をモチベーションにしたって構いません。

他人のためにじゃなく、自分のためにがんばってもある程度成功はできます。

 

でも、成功という山頂にたどり着く道中で、多くの人に支えられていることに気付くんです。

その結果、人のためにがんばりたくなって、そうし始めるとドンドン結果もついてくるようになってきます。

だからといって、他人にすがったり、媚びたりするのは違います。

他人のために自分を偽ろうとすると、大切な何かを失います。

 

自分に正直な毅然とした態度で、自分の信じた道を進みましょう。

成功の秘訣は必ず自分自身の中にあります。

必ず。

 

1+