僕は新卒の頃、漠然と「いつか年収500万円くらい稼ぎたいなー!」とか思ってたわけですが、努力の末TOP営業マンになった時に、見事にこの夢は打ち砕かれました。

プロフィールなんかでも書いてますが、北海道という土地柄もありましたが、本当にビックリするくらい給料増えなかったんですよね。

何のためにTOPになるまでがんばったのかわからなくなってサクッと辞めたわけで
すけども。懐かしいですね、もうずいぶん昔の話です。

 

給料と労力の相関関係

 

その後も3回転職しましたが、給与年収は最大で2.5倍くらいになりました。

誤解の無いように言っておくと、僕がスゴイんだなんてことを言いたいわけではなくて、これにはとても重要なポイントがあるんです。

実際に倍の価値ある仕事をしているわけでもなく、かと言って、倍努力したわけでもないんです。

結局のところ、努力と収入は比例していないということなんです。

 

少なくとも僕の場合で、結果論ですけども。

確かに当時とは違うビジネススキルが身についてますが、どう考えても精神的には営業の頃よりも2万倍くらい楽だった印象です。

労力と収入面の相関性を考えると僕のやってきた営業って本当に割に合わなかったなと思うのです。

 

精神的なストレス半端無い、成果は数字でハッキリ見える、正直かなりキツイ。

我慢料があってもいいくらいなんですが、収入には直結しませんでした。

売上で言えば一人で数千万くらい売ってたわけですけども、残りの数千数百万円は
どこいったー!って感じです。

 

実際は収入に直結するような営業もありますが、大抵それは固定給ではなくて、毎月フルスロットルでがんばらないと収入にならない種類の営業です。

安定って言葉は曖昧ですが、毎月収入が乱高下するのは不安定と言わざるを得ません
し、これでは先々の見通しが立ちません。

保険会社とか、住宅営業とか、訪問販売とかがこれに当たります。

 

給料と豊かさの相関関係

 

そしてこの話にはもうひとつポイントがあります。

収入が倍になって、実際の生活は2倍豊かになったのか?

これは圧倒的にNOでして。

 

20代前半の頃の僕は、年収500万なんて夢のような数字で、そのくらい稼げればそれなりに良い生活ができると漠然と考えていました。

サラリーマン後半では当時思い描いたよりも高い収入を得ていたわけですが、豊かになった感じはほとんどしませんでした。

 

服を買いに行けばタグを凝視して5000円を超えれば悩みますし、外食してもランチなら1000円を超えてくるとちょっとざわざわします。

ガソリンの値段もいつも気にしてましたし、スーパーで特売の卵を買うために狙って早起きすることも。

とにかく何でもまず値段を見て判断してました。

これだもの豊かになった気がしないのも無理ありませんよね。

 

年収が増えても豊かさを感じないのはなんで?

 

僕の経済セミナーでも詳しく話していますが、平成元年と平成30年では、税制度や物価が全く違っています。

平成元年の年収500万円と平成30年の年収500万円は、手元に残るお金がまったく違うので、「年収500万円」という概念の中身は大きく変わっています。

なので、給料の額面と豊かさの相関性を表現するのであれば、本来であれば支給額よりも物価や税金を考慮した金額で図らないと、目に見える金額と実際の生活水準にギャップが生まれるのです。

これを、実質賃金と名目賃金と言ったりします。

 

僕らが子どもの頃に親がさせてくれていた生活水準を再現するなら、今なら1.5倍くらいは稼がなければ再現できないかもしれません。

 

世帯年収と共働きの相関性

 

ちょっと前まで、独身女性が結婚相手に求める年収は600万円以上がTOPでしたが、近年では現実がわかってきたのか、400万円以上がTOPになりました。

さっきも言った通り、現在の年収400万円は2000年初期と比べると手取りがかなり少なくなっているので、このくらいだと共働き推奨ラインでしょう。

実際に厚生労働省の発表によると、共働き世帯は今期はじめて70%を超えています。

 

そんなわけで、あなたの給料は妥当ですか?

希望する生活水準を満たすのに足りていますか?

今の生活の延長で考えると、もしかしたら意外と足りないかもしれません。

今の年収+200万とかってものすごく大きく感じるかもしれませんが、実際に経験した僕の感覚では、数百万くらい年収が増えたところで生活水準はそこまで変わらないように思います。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA