少し前の記事ですが、こんなものを見つけました。

 

 

各企業で働き方改革が広がる一方で、残業が減った代わりに持ち帰りの仕事、所謂「風呂敷残業」が増えているという新たな問題が発生しているそうで。

僕の経済セミナーでもこの記事のようなことを詳しく、対策と合わせて話しています。

手前味噌ですが、絶対一度聞いといた方がいいですよ、マジで。札幌ですけど。

 

労働分配率、過去最低水準。

 

財務省からこんな統計も出ていました。

 

 

「労働分配率」というワード、ご存知ですか?

これは簡単に言うと、企業が稼いだお金を人件費に回している割合のことです。

不景気不景気と言われていますが、企業は割と儲かっているんです。

その儲けを給料に還元していないことが問題であって。

企業は人件費の抑制を進めているということで、この流れは2019年以降も続いていくと読んでいます。

 

残業が減るのは大歓迎ですが、それに伴って労働分配率が下がって、更に持ち帰りの仕事が増えるとなっては、益々副業でもやらないと食っていくのが難しくなっていきますよね。

これで副業という名のバイトが増えて、人員不足解消ヒャッハー!ってところまでシナリオが書かれているとしたら「どんな天才だよ」と思いますが・・・

 

と、そんな流れの中なので、実際に副業を始めようと思っている人が増えているようです。

実際、既に始めている人も増えているみたいですしね。

 

で  す  が  。

 

副業の中で、「いやいやいや、ちょっと待ってw」というものも散見されます。

あなたがそんな副業で身を削ることがないように、僕の観点からオススメしない副業を紹介します。

 

オススメしない副業1:アルバイト

 

 

「副業=仕事の掛け持ち」で、「掛け持ちでできること=バイト」と思い込んでいる人が案外多いようで、これってよくない傾向だなぁと思います。

Twitterとか見ていると、「会社を退社した後、コンビニでバイトしてます!」みたいな方を見かけました。マジかよ・・・!

 

短期的に見れば確かに、すぐに始められて、空き時間で手軽にできて、即金性もあって・・・と一見効率良さそうなんですが、これじゃあいつまでも単価の低い労働者から抜け出せないんですよね。

しかも追い打ちをかけるように、今はAIによる仕事の効率化がものすごい勢いで進んでいます。

自動運転だけじゃなく、高所得なイメージの弁護士すらAIが参入している時代ですからねぇ・・・

 

 

単純作業の仕事は益々AI化されていくので、コンビニでバイトしていても「来月から無人店舗になるから君たち解雇ね!」と突然仕事を奪われることだって全然あり得る話です。

なので、時給制の単純作業バイトはオススメしません。

 

オススメしない副業2:転売ビジネス

 

これには賛否あると思いますが、僕はオススメしない派です。

ビジネスモデルとしてはバイトよりはマシだとは思いますが・・・。

理由は、稼ごうと思えば思うほど忙しくなってしまうのと、事業資産にならないからです。

一見、就業時間に縛られず自分のペースでできる仕事に見えますが、片手間で稼げる金額なんてたかが知れていて、それこそその程度の稼ぎでいいならバイトでもした方が時間効率が良かったりします。

嫁さんの知人にこれで稼いでいるママ友がいてリアルな声を聞くんですが・・・

家事育児もままならないほど時間を取られているようで、以前やっていた仕事(看護師)に戻るか悩んでいるそうです。

 

転売ビジネスはそもそも自分が働き続けなければならないビジネスモデルなので、自分がいくら頑張っても資産として蓄積していきません。

作業は減るどころか増える一方で、手を止めたら収入も止まってしまうという状態になり、いつまでも負担は軽くなりません。

 

何よりも難しいのが「差別化」。これ本当に難しい。

転売はどこからか相場よりも安いものを見つけてきて、それより高く売るというものですが、それをあなたから買いたい特別な理由が無ければ、より安く出している人から買うということになりますよね。

そうなると、待っているのは擦り切れるような価格競争なわけで、対抗して値段を下げれば利益率が下がり、安く大量に仕入れられる大口が参入してきたら強制退場です。

作業負担を下げるために外注する方法もありますが、外注費が発生するのでこれも薄利多売路線に行ってしまいます。

 

バイトのような下請けではなく、自分でビジネスを持つ入口として少額を稼ぐという意味では決して悪くないんですが、総じて努力にあまり見合わない過酷なフィールドだと思います。

 

副業って、こうでしょ?

 

ということで、僕の観点では「誰でもできる単純な仕事」はAIや外国人とのイス取りゲームに巻き込まれるし、「働き続けなければ稼げない仕事」は稼ぎの量に比例して忙しくなるという性質があるので、あまりオススメしません。

それよりはブログやnoteのような、時間はかかるけど一度作ってしまえば働き続けなくても収入が入る事業資産を作る、というのが副業を選ぶ上で大事なことだと考えています。

 

本業の方では会社に言われたことをやって、会社が作ったものを売る。

副業では自分の意志で、自分の価値をお金に換えていく。

 

その延長で後者が軌道に乗ってきたら会社を辞めて専業になる、別のビジネスを立ち上げるなど、次のステップに進めたら、単純に楽しいしワクワクしませんか?

 

「自分の価値をお金に換える」「自分にしか作れない事業資産を作る」

本来副業ってこうでしょ?というノウハウはこちらをどーぞ。

実際手にとって実行している方が増えてきていますよ。

 

 

「サラリーマンやOLで年収500万円稼ぐ」より、「会社での仕事負担を下げつつ年収300万くらい稼ぎながら、ブログなどのセカンドビジネスで年収200万稼ぐ」という方が実は楽だし、未来があります。

早いうちからコツコツ頑張っておけば、後々大きな差になります。

決して楽ではありませんが、がんばりましょう!

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA