いつの時代も、どんなに時間が経っても不思議と無くならないビジネスがあります。

そのひとつがダイエット関連のビジネス。

同じように、起業塾やビジネススクールも息の長いビジネスです。

 

長く続いているということは、いつの時代もそれを求めている人がいるということで、ダイエットとビジネスのメカニズムは非常によく似ています。

 

消費者から見るダイエット

 

世の中にはダイエットをしたい人、している人、というのがいます

この人達が気にしていることは、いかに楽をして(ココ重要)理想の体型を手に入れるか?

あとは値段です。いくら払えばそれができるか?

できるだけ安い方がいいな、と思っています。

マーケティング的な視点で見ると、この人達は消費者です。

 

仕掛け人から見るダイエット

 

冒頭手でも触れましたが、面白いものでダイエットはいつの時代もテーマになっていて、無くなりません。

いつの時代も、食べ物、器具、エクササイズ、様々な形でCMされています。

 

消費者がいるということは、生産者や販売者がいるということで、「世の中からダイエット(のCM)が無くならない」ということは、いつの時代もダイエットで儲けている人がいるということです。

そういう意味で、ダイエットはとても息の長いビジネスです。

 

その時々で様々なダイエット器具、ダイエット食品なんかが登場してきましたが、みんなその方法でダイエットに成功していたらこのビジネスはとっくに無くなっているはずです。

もう一つ面白いことに、ずっと同じ人がお客さんであり続けたりしています。

 

食べ物系でダイエットを試みてみたり、続かない運動を始めてみたり、お肉を振動させる器具に乗ってみたり、手を変え品を変えダイエットに励む人というのが一定の割合で居ます。

もうおわかりだと思いますが、手を変え品を変えということは、どれをやっても満足の行く結果が得られていないという証明でもあります。

 

なぜ痩せない?なぜリバウンドする?

 

さて、こういう人の大半は、何故いくらダイエットしてもうまくいかないのか?

製品が効果の無いものだから?中にはそういうものもあるかもしれません。

でもこれだけ長いダイエットビジネスの歴史の中で数えきれないほどの商品、方法が出ているわけですから、どれも効果がないということは考えにくいでしょう。

 

実は僕も一時期太ってダイエットをしたことがあって、その時は目に見えて効果が出ていたこともあって、周囲からたくさん聞かれました。

運動している気配も無いし、食べる量も変わっていなかったので、「どうやって痩せたの?」と。

聞いてきた人たちに教えてみたところ、痩せた人と、変わらない人と、むしろ教える前より太った人がいました。

 

変わらない人とむしろ前よりふくよかになった人に注目してみると、理由は単純でした。

 

・教えたことを素直にやってみたかどうか

・それを続けられたかどうか

 

体重が変わらなかった人、前より太った人のほとんどは、なんだかんだ理由を付けてやらなかったか、続かなかった人たちす。

僕が教えたダイエットはとてもハードルの低いものです。(だからこそ僕でもできたわけですが。)

運動は特にしませんし、置き換えダイエットでもなければ、断食でもない。

苦痛を伴うものではないので、これでダメなら他は無理だろうなと思うくらい。

 

ここからわかったことがあります。

ダイエットが続かない人には、やることそのものの難易度はあまり関係無いということです。

超絶しんどいアスリート並みの運動をしろ!地平線の向こう側へ!みたいな話であれば始められない、続かないのもわかります。

でも、ほとんど今の生活リズムやパターンが変わらなくても、結局やらないのです。

 

もう少し遡ってみましょう。

じゃあそもそも、一体なんでふくよかになったのか?

 

摂ったカロリー>消費カロリー 

 

という極めて単純明快な理由ですね。

けれども、この極めて単純明快な理由とは別のことを言う人もいます。

「遺伝だから」とか、「体質だから」という理由。

言うまでもありませんが、身体は口に入れたもので出来ているので、遺伝や体質だけで自然と太るなんてことはありませんね。

 

ようするに、「その意識」が今の体格を作っている根本的な原因です。

自分の体や栄養のことを気にしない。美味しいものや誘惑に弱い。

というか、スマートな自分でありたい!という気持ちよりも、美味しいものを腹いっぱい食べたい!という気持ちの方が勝っているわけです。

 

本当は本人が一番良く知っているはずです。

「いや、食い過ぎだよ、間違いなく。こんだけ食ってて太らない方がおかしい」と。

何かと理由を付けて本当の原因を見ないようにしているだけです。

 

誰にも真似出来ないような、特殊能力や才能を要することではなくて、食べる量を減らす、とかやろうと思えば誰でもできる、能力差の無いことを面倒がらずに続けられるか、それだけの違いです。

 

太るには必ず理由があって、それは極めて単純な理由です。

原因もわかっています。

あとはそれに対して行動を起こすかどうか、続くかどうかというだけで、その行動全てをを司るのが意識です。

食べ過ぎている以前に、太るメンタリティであることに原因があります。

ちょっと直球過ぎるかもしれませんが、これがダイエットが成功しない本当の理由です。

 

ダイエットとビジネスの親和性

 

誰でも出来ることをやれたか、面倒がって先送りにしたか、それだけの違いです。

やってみること、続けること。

それが難しいのであればなぜやってみようと思えないのか?

何が原因で続かないのか?そこを見直すことが大切です。

 

「このダイエット方法はダメだわ」

「この方法は成功しないわ」

 

よりも、自分のメンタリティを見直すこと。

この、自分の弱い部分、嫌いな部分と向き合う作業が結構キツイので、ここで目をそらしてしまうのが一番の難所かもしれませんね。

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA