2017年の話になりますが、求人広告DODAを運営している株式会社インテリジェンスの調査によると、25歳~39歳のサラリーマンのうち副業をしている人の割合は20.1%という調査結果が出ています。

割合にして実に5人に1人。

これを多いと見るか少ないと見るかは、周りの友人知人や住んでいる地域にも左右されるでしょう。

 

大手企業が先陣切って副業解禁したことが報道されたことも手伝って、賢明な人は自分の将来のために実際に行動を起こしています。

僕の周りは何年も前から仕事が1つという人の方が少ない

副業と一口に言っても色々ありますよね。

今の時代、大きなリスクを背負わずともスタートできるスモールビジネスは非常に多くなりました。

 

お勤めしながらできる副業

 

一般的なアルバイト

フリーランスで何かを請け負う

クラウドワークスのようなマッチングサイト

投資

ネットビジネス

 

ちょっと検索したらこれくらい出てきました。

よく聞かれるのは、「副業として何をやればいいですか?」ということ。

気になりますよねー。僕も始める前は少し迷いました。

結局やってみないとわからないのであれこれ試してみましたが。

やってみると色んな事がわかってきます。

 

あれ…?相当忙しいぞ?

これ、誰かの役に立ってる?(収益が出ても後ろめたい)

あれ…?流行りが終わったのか収益がどんどん減っていく…

嗚呼…何故いつも僕が買った株は値下がりするんだよぅ…

 

など、始める前には想定していなかったことが結構ありました。

一番重要だった気付きは、短期間の収入が欲しかったわけじゃない、ということ。

お小遣い稼ぎで二足の草鞋は死んでしまいそうだったので、サラリーマンの給料に代わる継続的な収入になるもの

 

且つ、収入が無い状態で仕事を辞めるのは怖かったので、今の仕事をしながらの限られた時間でできること。

 

更に、利益が出ても初期投資が高く薄利だったり赤字になることもあったので、初期投資があまりかからないもの

 

と、失敗しながらも色々とわかってきて、自ずと手段も絞られました。

 

スモールビジネスの思わぬ落とし穴

 

 

ようやく自分の条件に合うスモールビジネスを見つけた時は、(勝った…!)と思いましたが、途中で自分でもビックリするほどうまくいかない時期がありました。

 

原因は、モチベーションコントロール

 

初期投資がほとんど無く、誰かにノルマも課せられない、何よりも念願の誰にも命令されない自由な自分のビジネスを持ったわけですが、スタート時点でビビリの僕にはメリット満載だと思っていたことが、まさかの足枷になりました。

 

早い話、切迫感が無いんです。

 

お金はかかってないし、サボろうと思えばいくらでもサボれるし、なんならいつでも辞められる、というセーフティーネットに安心して、全然ペースが掴めないんです。

当時サラリーマンとしてしか仕事をしてこなかった僕は、知らず知らずの内に自己管理をアウトソーシングしてきてしまっていたのです。

営業職なんかだと、上司にケツを叩かれ、ノルマに追われ、給料が賭かってる。

しかもうるさい上司だと細かくスケジュール管理にまで干渉してくるのでサボれないときたもんだ。

強制的にフルスロットルに近い力を発揮せざるを得ない。

 

これがスモールビジネスじゃない自営業をやるとなると、全く話が違ってきます。

例えばコンビニを開業しようと思うと、土地代、建物代、強制在庫で何千万という初期投資を投じます。

更にそれを維持させるために、毎月何十万という固定費が吹っ飛んでいく状況下なので、最初からフルスロットルでやっていかなきゃならない。

 

フルスロットルだからこそ成功する、という力学が働いています。

僕はこれを油断すると窒息してまう型ビジネスと呼んでいます。

何故関西弁なのかは謎です。

これは絶対やらない方がいいです。潰しが効かな過ぎる。

 

そんなわけで、リスクが低いスモールビジネスを始めたはいいものの、1年経っても2年経っても収益が出ず、マンネリ化して更にどツボにハマる、みたいな人で溢れかえっています。

使い古された言い方ですが、最大の敵は自分です。

 

既存のスモールビジネスでうまくいかないとしたら原因は1つ。

自己管理の甘さです。

これ以外無いです。無い。大事なことだから2回言ったよ。

 

当初の情熱なんてものはすぐ冷めます。

余程の大義名分や、リアルに家族の命が賭かってるなんて状況でも無い限り、老若男女問わず冷めます。

今では見上げるような大成功を収めた人たちでも冷めるし、このコントロールが一番難しいと口を揃えて言ってました。

 

モチベーションは下がるもの、ということを最初から前提に、上がるイベントを定期的にスケジュールに組み込んでしまうことを激しくオススメします。

下がってからではダメなんです。だって下がってるから。人に会いたいと思えない。

モチベーションを呼び覚ましてくれる人と会う予定とか、日常的にそういう本を読むとか、下がる前に予めスケジュールに入れておく。

そのビジネスの仕組みがきちんと収益が出るものであるならば、あとは心の持ちようです。

 

ホリエモンの起業4箇条

 

スモールビジネスを選択する上での条件について、ホリエモンが非常にわかりやすい4つの指標を出しています。

 

1.初期費用が掛からない 

2.在庫を持たない 

3.利益率が高い 

4.定期的収入になる 

 

ものすごくシンプルですが、やろうとしている内容がこれに該当するかをチェックするだけで相当リスクは下げられます。

なんにしても、とにかくわかりやすい。

これにひとつ追加で、

 

5.得たい収入が得られるか

 

を加えると尚いいです。

金額面はもちろんのこと、インカムゲインなのか、キャピタルゲインなのか、という収入の質も。

スモールビジネスをやることが目的ではなく、給料の不足を補う、サラリーマンをリタイアする、などの目的でやるものです。

 

あなたの目的がクリアされるには、どんな収入がいくら必要か?

今からやろうとしていることで、それは得られるのか?

 

 

これを忘れずにね。

 

 

0