自分の才能に気付いてる?統計から本当に向いている仕事がわかる有能ツールまとめ

自分には何が向いてるのか?全ての人の永遠の課題かもしれません。

 

・今の仕事は向いてないのかもしれない・・・
・とりあえず今の仕事を続けてるけど、この先ずっと続けるのはちょっと・・・
・本当はもっと活躍できる場があるんじゃないか
・全然仕事ができない、もしかして自分はポンコツなのか・・・

 

働きながらこんなことを考えたこと、一度や二度じゃないと思います。

 

そして、「今の仕事は自分には向いていない気がするけど、あの人もこの人もできてるし、そんな言い訳してちゃダメだな・・・」と自分を責めてしまいがちですが、

 

誰にでも「自分にピッタリな仕事」が必ずあって、
逆に「絶対に向かない仕事」もある

 

というのが結論です。

 

つまり、毎日の仕事が辛くて仕方ない人は、もしかすると「自分に向いていない仕事」を選んでしまっているかもしれないよ、ということ。
これをキャリアの世界では「ミスマッチ」と呼んだりしますが、誰も好き好んでミスマッチに苦しんでいるわけではありません。

 

じゃあ何故このミスマッチが起きてしまうかというと、

 

・自分では自分の強み(=特性・才能)がよくわからない
・仮に強みがわかっていても、それを発揮できる職業がわからない

 

という2つの理由が絡み合っているからです。つまり、この片方または両方がわからない状態で仕事を選ぶのは「運任せ」で、適職に就くほうが難しいのです。「職業ガチャ」と言ってもいい。

 

後からわかったことですが、僕はこのパターンにハマって苦労しましたが、自分の強みを意識して仕事を選ぶようになってからは一気に仕事が楽になりました。

 

この記事ではミスマッチに悩んでいる人に向けて「自分の強み」と「適職」の見つけ方をまとめています。

 

 

「才能・強み」は実はそんなに大袈裟なことじゃない

 

「才能」と聞くと「自分には特別な才能なんてないよ・・・」と萎えてしまう人がいるかもしれませんが、そんなに大袈裟に捉えなくて大丈夫ですよ。

 

例えばスポーツの世界なんかだとこの「才能」は重要なファクターの一つかもしれません。どんなに練習を重ねても、最後の差は「才能」だったりしますからね。

 

でも、仕事で言うところの「才能」というのは、そこまで決定的な明暗を分けるものではないんですよ。たとえば、

 

・単純作業が苦にならない
・デスクワークが苦にならない
・数字、計算がなんか好き
・出張ってなんかワクワクする
・人に何かのやり方を教えるのがなんか好き

 

といったようなものです。今挙げた例の中にも、あなたにとっては「わかるわかる」というものもあれば、「ムリムリ!自分には絶対無理!」というものもあるでしょう。

 

・他の人にとっては苦痛みたいだけど、自分にとっては全然平気
・え?これ凄いの?当たり前だと思ってた・・・!

 

みたいなものが仕事における「才能」や「特性」というもので、誰だって何かしら持っているものです。例えば僕は単純作業が大嫌いなんですが、友人たちに聞いてみると別に苦ではないと言います。
周りに聞いてみるとこれは見事に意見が分かれます。

 

「単純作業が苦じゃない」というのは、「小さなことをコツコツと積み上げていける」という素晴らしい才能で、僕には無いものです。

 

・6時間ぶっ通しでPCに向かってテキストを書く
・何百人もの前で長時間話す

 

「こんなの苦行でしょ・・・」と思う人が多いかもしれませんが実はこれ、僕にとっては全く苦じゃありません。
自分ではマジで普通のことだと思っていましたが、この後で紹介する方法でこれが「自分の特性」だということを知りました。(そう言えば嫁さんからも「変態」って言われてたなぁ・・・ぐへへ。)

 

僕はこの特性を意識するようになってから、「人事部で求人原稿を書く」「会社説明会のMCなどをやる」といった場面で力を発揮することができました。(独立した今でも、「書くこと」と「話すこと」で稼いでいますしね。)

 

この人それぞれ違う「少し優れた部分」は、意識的に使っていけば他の人と明らかに違う圧倒的な伸び方をします。何せそれは「得意なこと」なんですから。

 

数十冊の本を読み漁り、ネットの記事や論文なんかも読み漁りましたが、

 

誰にでも才能・特性があって、あとはそれに気付けるか
その才能・特性を活かせる仕事を知っているか

 

という話で、これはもう間違いありません。
自分の才能や特性に気付いていないというのは本当に損失で、一番勿体無いことです。以下では僕が調べに調べた中から特に有能だった2つを紹介するので、ぜひやってみてください。

 

 

才能の見つけ方1:【無料】グッドポイント診断

 

グッドポイント診断」は数ある診断ツールの中でもマジで有能です。ステマとかじゃなくw
「無料」で「ネット」でサクッとできる診断の中では明らかにクオリティが高くて、他と比べても頭一つ抜けています。

 

内容は18種類ある強みの中から該当するもの5つをあぶり出してくれるというもので、その組み合わせは実に8568通りもあるので、診断結果がどれだけ精密で解像度が高いものであるかは数字からも想像できるでしょう。

 

なぜこのレベルのものが無料かと言うと、大手転職サイト「リクナビNEXT」の集客ツールだからです。転職市場で長年トップを維持しているリクナビには、何百万人という転職者のビッグデータと、転職成功者のデータが蓄積されているので、「どんな人がどんな職種に転職できているか」という事例をどこよりも熟知しています。

 

転職する気が全く無くても、リクナビNEXTに無料登録するだけで使えます。

「グッドポイント診断」をやってみる

 

実際に僕がやってみた体験談と使い方をまとめた記事もあるので、詳しく知りたい方は併せてどうぞ。

 

 

 

才能の見つけ方②:【有料】ストレングス・ファインダー

 

 

ストレングス・ファインダー」は有料ですが、「本」として売られている診断ツールです。何年も前から、僕が学校で講義をする時に必ず勧めている推薦図書でもあります。この本もマジ有能。

 

【注意】この本は新品で買わなければ意味がありません。

この本には1冊につき1つ、ネットで診断を受けるための「診断コード」が付いていて、このコードは一度しか使えないようになっています。

中古で買った場合、この「診断コード」が使用済みのものを買ってしまうと、本題の診断ができないので注意してください。

また、診断には45分くらいかかるので、時間がある時にじっくりやりましょう。

 

アメリカ生まれの診断ツールですが、まずこのツールが作られた経緯からしてスケールが違います。

数が多けりゃいいってもんじゃありませんが、「200万人のインタビューから抽出した5000種類の才能34種類の資質に分類」とか母数がケタ違い。
診断結果を元に、この34種類からあなたに当てはまるもの上位5つを教えてくれます。

 

普通の本のように最初から最後まで読む作りにはなっていなくて、診断結果に該当する部分のみを読んで理解を深めるようになっています。

 

ストレングス・ファインダーの最も優れている部分は、「仕事の場においてどのような場面や役割でこの才能が発揮されるのか」ということまで書かれているという部分です。有料ではありますが、値段に見合った素晴らしい診断ツールだと思います。

 

これも実際に僕がやってみた体験談と使い方をまとめた記事があるので、併せてどうぞ。

 

 

 

自分の市場価値に気付いてる?

 

「自分が得意なこと」がわかったら、併せて「自分の市場価値」を知るということも絶対やっておいた方がいいです。

 

特に、ひとつの会社に長く勤めてきた人というのは、市場価値よりも安く給料が設定されているケースがほとんどです。なぜなら、市場価値ではなく、「社内規定に基づいた相対評価」で給料が決まっているから。

 

今の給料はあなたの価値ではなく、社内での価値が反映されているだけです。社内評価と市場価値はまったくの別軸なので、これを知っておくと不利なオファーを回避できたり、思いがけない年収アップが実現できる可能性があります。

 

この「現在の自分の市場価値」を知る上で、今仮に自分が転職したら「年収いくらくらいのオファーがあるのか」「どんな求人が届くのか」は、「ミイダス」 で調べることができます。

 

 

今の仕事での職種や年収を入力するだけで、適正年収やどんなオファーが届くのかがすぐにわかります。無料でスマホでもできるので、ここから サクッとやっておきましょう。

 

 

自分の「強み」や「適正」を理解して、「気持ちよく働ける環境」「より活躍できる環境」に行こう

 

繰り返しになりますが、色々な得意があって、反対に不得意がある以上、絶対に向いている仕事、向いていない仕事というものがあります。
これを自分で自覚せずに、見抜けるかもわからない他人の評価を元に、働く中でたまたま見つけるというのは至難の業です。

 

自分に向いている仕事って言ってみれば、「人より少ない労力で、人よりも成果が出る仕事」ということです。これってスゴイことだと思うんですよね。めちゃくちゃコスパいいじゃないですか。

 

自分に向いている仕事というのは楽しいだけではなく、何よりも苦痛じゃありません。「自分に合った仕事」「自分が快適に働ける環境」を見つける上では、向き不向きや自分の強みを把握しないことには始まりません。

 

ここで紹介した方法をうまく使って、毎日の仕事が少しでも楽しいものになれば幸いです。

 

無料で今すぐ診断できる上、デメリットは一切無いので、悩んでいる方はグッドポイント診断から始めてみてください。きっと今とは全く違った新しい景色が見えてきますよ。

 

最後に、自分で納得がいく「いい会社」の見つけ方も僕の経験を元にまとめているので、参考になれば。

 

 

 

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA