「今日会社爆発しないかな」

「災害とか起きて交通麻痺にならないかな」

あなたも一度くらいこんなことを考えたことはないでしょうか?

 

・どうしてもカラダが動かない

・仕事のことを考えると吐き気がする

・何もしていないのに涙が止まらないときがある

 

もしもこんな状態なら、それは身体が発している危険信号です。

僕が人事だったころ、こんな状態の人のケアにも携わってきました。

なんなら、人事である僕自身がそう思うこともありましたw

 

「どうしても仕事に行きたくない・・・けど・・・」

と思ってこの記事にたどり着いた人に向けて、どうにかして仕事に行く方法や、気晴らしの方法というアプローチではなく、気持ちが楽になることにフォーカスして話します。

 

あなたは仕事を休んでもいい

 

まずはじめに、これだけは言わせてください。

 

あなたは仕事を休んだっていい

 

 

退職を考えているくらいならまだ余裕がある状態です。

連続していた緊張の糸が切れるときというのは、もっと突発的なものです。

その日の朝、今日の仕事をどうしようか・・・と。

 

こういうときは無理せず気軽に「今日は休む」ということをやってみてください。

連絡もなくいきなり来ないとか、その後音信不通というのはさすがにちょっと困りますが、ちゃんと連絡を入れた上でならば休んで全く問題ありません。

 

「理由もないのに休むなんて・・・」と思う人もいると思いますが、「あなたが行きたくないと思っている」ことが十分な休む理由です。

 

「今日休んでしまったら、明日も行けない気がする」と思う人もいるでしょう。

いいじゃないですか。明日のことはまた明日になったら考えましょう。

一日のんびり休んだら、明日には気が変わっているかもしれませんよ。

 

最近、ちゃんと眠れていますか?

過度に無理をしていませんか?

 

「行きたくない」というのは、どこかで無理をしていたということです。

冒頭のようなサインは決して逃げでも甘えでもありません。

あなたの心や身体が壊れる前に、と発せられたサインです。

 

まずは今のギリギリの状態を少しでも和らげましょう。

休むとなったら気持ちもしっかり休ませましょう。

休んだことへの罪悪感なんて感じる必要はありません。

そんなことを考えても、あなたも会社も状況が変わるわけではありません。

会社のことはもう考えずに、一日ゆっくり休む。

自分の機嫌がよくなるような遊びをするなどしてみましょう。

 

 

行きたくないけど、休めない

 

「そうは言っても、実際はそんなに簡単に休めない・・・」

 

そういう事情も痛いほどわかります。

実際問題、そう簡単な話じゃないというのも理解しています。

休むことで起きる二次災害のようなものが気になって、実際はなかなか休むという選択ができないということもあるでしょう。

 

でも大丈夫。

「休みたくても休めない」と感じるときに多い理由について、ひとつずつ見てみましょう。

 

 

自分が休んだら同僚に迷惑がかかってしまう・・・

 

 

確かに迷惑はかかるでしょう。

でも、困ったときはお互い様です。

あなただって誰かの病欠のフォローをした経験はあるはずです。

 

もし事情が話せるようなら、打ち明けてみましょう。

それが難しいのであれば、次に出勤するときに菓子折りでも持っていってお礼を言いましょう。

お詫びをするよりも、お礼です。

留守の間、ありがとう、と。

 

自分が抜けたら仕事が回らなくなってしまう・・・

 

はっきり言います。

 

大丈夫です。

 

というか、それはあなたが気負うことではありません。

意外ですか?

 

なぜかというと、欠員をどう補うか、欠員が出たときに補える体制ができているか、これはあなたの上司が考えるべきことだからです。

 

逆に考えてみてください。

あなた一人がいないだけで回らないようなチームでは終わってます。

それに、そんなことを気にしていたら一生休めないし、一生辞められません。

 

また、一人や二人抜けたってちゃんと回るのが会社です。

僕は4回の転職でそれを何度も見てきました。

人事部として、それでもそのチームがなんとかなっている状況を何度も見てきました。

 

勇気を出して、休んでみてください。

そして、休んでもちゃんと仕事が回ることを実感してみてください。

 

上司のパワハラが怖くて休めない

 

 

休ませてくれない上司、いますよね。

ぶっちゃけこれ、意味がわかりません。

どうしても人が足りないケースというのもありますが、これが蔓延しているのであればその会社は見切りをつけていいレベルです。

ひどい場合は普通に違法ですからね。

 

そんな上司を野放しにしている会社は、ロクな会社ではありません。

従業員よりも自分の評価、会社の利益を優先するような組織に未来はありません。

何よりも、そんな会社にいてはあなたが幸せになれません。

 

今すぐ辞めるのが難しいとしても、淡々と退職の準備を進めてはどうでしょうか。

日本だけでも300万社を超える会社があります。

あなたを大切にしてくれる会社が必ずあります。必ずです。

 

退職の準備についてはこちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事>>>会社辞めたいけど辞めづらい?そんなの気にしなくて大丈夫。

 

 

上司が休ませてくれないときにすべきこと

 

 

パワハラまで行かずとも、どうしても休ませてくれないとき。

こういうときは人事部(またはそれに類する部署)に相談してください。

マトモな会社ならあなたの上司に掛け合うなどして、休むことを支援してくれます。

人事部は労務を司る部署で、会社の就業環境を健全な状態に保つため、必要であればあなたの上司を指導する立場にあるんです。・・・漢字が多いですね。

 

就業環境にどうしても行き詰まったら、一度相談してみてください。

 

自分がチームのリーダーで、抜けるとマジでヤバイ

 

自分がリーダーや上司の立場で、部下だけではマズイというとき。

これも休んじゃいましょう。

 

あなたが上司の立場の場合に限り、休むことによるメリットがあるのを知っていますか?

 

部下が思うように育たない原因として、上司が部下の仕事までし過ぎている場合、部下が上司に依存している場合が多くあります。

あなたが休むことで一時的にチームが混乱したり、数字が落ちたりするかもしれませんが、あなたが居なくなってはじめて、部下は仕事が自分事になります。

普段は上司を頼っていても、居ないものには頼れません。

自分たちだけでなんとかするしかないのです。

 

でも、この状況が一番部下が育つ環境でもあります。

本当は休むとなったら仕事の電話も受けたくないとは思いますが、「本当に困ったときは遠慮せずに連絡してこい」という予防線だけ張ってあげましょう。

それだけでも部下の心配はかなり軽減されますよ。

 

1日や2日休んでも解決しそうにないときは

 

「休職」という選択を検討してみてください。

休職に関する規定が就業規則に載っていると思うので、そこで詳細を確認してみましょう。

よくわからなければ、それこそ人事部に相談してみてください。

 

 

あなたの心と身体が壊れてしまう前に

 

 

会社に行きたくないときは、大なり小なり追い詰められているときです。

それが毎日のように続いているなら、あなたは心に大きなダメージを受けています。

「行きたくない」というサイン、心の叫びを無視し続けると、積み重なってあなたの心に限界が来ます。

心が壊れると、それに合わせて身体も壊れます。

これだけは絶対に避けなければなりません。

 

どんなに仕事が休めない状況だったとしても、あなたの心と身体に勝る大事なものはないのです。

 

あなたが壊れたからといって、会社はなんの責任も負ってくれません。

それどころか、壊れたことを理由に捨てられることだってあります。

 

心身の健康を害すると、復帰までに多大な時間とお金がかかります。

万が一仕事を失ったとしても、あなたさえ無事でいてくれれば、その先はどうにでもできます。

 

本当に辛いとき、「これは逃げだ」と自分を責めないでください。

「辛いけど・・・まだなんとか・・・」とがんばらないでください。

壊れてから休んでも遅いんです。

お願いですから、「壊れる前に」休んでください。

 

社会に出た今、あなたを労い、守れるのはあなたしかいないのです。

仕事の代わりはいくらでもいますが、あなたの代わりは誰にもできないのですから。

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA