元仮面サラリーマンのgakuです。

12年サラリーマンをやってきましたが、2018年2月末で会社を辞めて、東京から地元札幌にUターンして、家と車を買って家族5人で毎日好きなことをやって暮らしています。

関連記事>>>【暴露】社畜を辞めて不労所得で自由に生活する僕の、赤裸々すぎる日常と思考。

 

現在不労所得で生活している僕が、不労所得について語ってみる。

変な広告やアフィリエイターの影響ですっかりイメージの悪くなってしまった不労所得ですが、年金なども含めて本来誰もがお世話になるもの。

そんな不労所得に対して正しい認識を持ってもらいたいという意図で書いていますが、一方でいまだに不労所得を怪しいとか、なにか悪いことだと思ってる無知な労働美徳主義の人は、恥ずかしいからちゃんと勉強しようね、っていう裏テーマもあります。

 

まず不労所得への偏見を切り刻んでおこうか

 

※ここ「弱毒」です。不労所得に特に偏見が無い方は飛ばしてしまってOKです。

 

「働かざる者食うべからず」がいまだに根強くて、働きもせずに楽して生活してると思ってる人がいまだに多い気がするけど、それがそもそも勘違い

不労所得生活は確かにストレスフリーでめちゃくちゃ楽だけど、楽して不労所得を手に入れようなんてのは完全にお花畑的発想だから諦めれ。

不労所得で生活している僕からすると、そこら辺のサラリーマンがただぼーっと会社行って、飲みに行って、帰ってテレビ観て寝るだけ、休みの日は自分へのご褒美☆とか言って買い物や娯楽に費やす、みたいな生活している間に、会社の仕事の後も休みの日も睡眠時間削ってビジネスや投資に打ち込んで、コツコツ資産積み上げてきたから今の生活があるんす。

 

そんで、自分の体ではなくて、自分が所有する何かが自分の体を使う以上に大勢の人の役に立ってるから、その対価として不労所得を受け取ってるに過ぎないんす。

 

家賃収入なら不動産業、アフィリエイターなら広告業、どれも立派な仕事です。

仕事=肉体労働 だと思ってる脳筋を、無知な労働美徳主義者だとdisっております。

体を使って仕事をするか、労働以外の仕事をするか、ってだけの違いです。

サラリーマンは仕事できなくても、手を抜いてても固定給がもらえるけど、ビジネスの世界では人の役に立たないと1円にもならないんです。

収入の原理がまったく違う。

あなたに、時間を切り売りする以外で人の役に立つ覚悟がありますか?

 

やってみたらわかるよ、この性質の違う仕事を同時並行することが想像以上に激務で、中途半端な覚悟じゃあっという間に退場するくらい大変だってことが。

だから一般人で不労所得生活者が少ないんだってことが。

それでも、不労所得の本質をわかって、それを得たい強い動機がある人だけが、寝食惜しんで日夜努力を重ねてるんです。

 

だから、会社の仕事しかしてないサラリーマンが、不労所得のために一生懸命仕事してる人に向かって「働くことの素晴らしさ」を説く、みたいなのはもはや頭悪い通り越してコントの域です。

アンチはこれまでの安い挑発に怒り狂ってここまで読んでないか。南無。

一生シコシコと報われない素晴らしい労働でがんばってください。健康を祈る。

嫌いなんです、自ら学ぶことを放棄してたいした努力もしないくせに、人一倍働いてるの偏見に満ちてる頭悪いひと。

 

本題の前に、不労所得の定義

 

出だしからこれを間違ってる人が多いので、まずこれをすり合わせましょう。

Wikipediaからわかりやすい一文を引用。

その収入を得るために労働をする必要がないもの

そのまんまなんですが、よくある例として不動産の家賃収入、YouTuber、アフィリエイターなんかを一括りで不労所得だと思ってる人は間違って解釈してます。

マンション経営には、雑多な作業がくさるほどあります。

クレーム対応、家賃滞納督促、退去精算、リフォーム手配、清掃などなど。

●これらをすべて自分でやっている → 労働所得

●これらをすべて外部委託している → 不労所得

 

定義の通り、その収入を得るために労働をしていたらすべて労働所得です。

YouTuberやアフィリエイターがなぜ不労所得じゃないのかは、後から説明しますね。

 

不労所得の作り方

 

一番気になるテーマから。

方法は大きく分けて2つです。

1.不労所得になる資産を買う(お金をかける)

2.不労所得を作るために労働する(労力をかける)

 

1は定義のところでも話しましたが、賃貸用のマンションを買って雑多な管理業務を業者などに委託すれば不労所得。

既に売上がある店舗を買い上げてオーナーになり、経営を委託すればこれも不労所得。

つまり、自動的に稼ぐシステムを買うお金がある人はそれを買えば不労所得が作れます。

※以下の記事で不労所得を得るためのオーナーや配当について掘り下げています。

関連記事>>>不労所得で生活するなら、オーナー感覚と配当やロイヤリティを理解しよう

 

が、これができる人はそもそもこの記事読んでないです、多分w

よくわからないけどあなたがやるとしたら2じゃないでしょうか?

「不労所得なのに労働する」っていう文章が矛盾しているように見えますよね。

 

不労所得を作るための労働ってなに?

 

不労所得にならない労働のことを、掛け捨ての仕事

不労所得になる労働のことを、
積立の仕事

 

と呼んでいます。ちなみに僕が勝手に作った造語です。

掛け捨ての仕事とは、サラリーマン、OL、契約社員、派遣社員・・・形態はなんでもいいですが、労働し続けないと収入がもらえない仕事を意味しています。

 

じゃあ積立の仕事はというと、YouTuberやアフィリエイター、ブロガー・・・ではないんです。

特定の職種が積立の仕事というわけじゃない、というのが気をつけたいところ。

YouTuberやアフィリエイター、ブロガーは積立の仕事になり得るというのが正しい表現になります。

ちなみにこれらはすべて、立派な広告業という仕事による広告収入です。

 

●YouTuberの場合

※収入になるアクセスが集まっていて、広告を出していることが前提

・新しい動画を公開し続けないと再生回数が稼げない → 掛け捨ての仕事

・過去に投稿した動画が長期間コンスタントに再生される → 積立の仕事

●アフィリエイター、ブロガーの場合

※YouTuberと同様の前提

・トレンドアフィリなど、アクセスが短期間の記事 → 掛け捨ての仕事

・過去に投稿した記事が長期間コンスタントに閲覧される → 積立の仕事

※これ以外にも積立になり得る仕事はありますが、一番メジャーで引き合いに出されやすい職種なので例として出しています。

 

長期間コンスタントにアクセスされる(広告が表示される)コンテンツが資産にあたり、これを作る労働が不労所得を作る労働ということです。

ただし、広告業という性質上、どうしても多くの人から注目されてある程度知名度がないと不労所得化するのは相当難しいですけどね。

人気のプロスポーツ選手や芸能人にスポンサーがついてCMに出る(という広告業)のはこういった理由からです。

 

マネしようと思ってできるものじゃないですが、プロのアーティストなんかもこれに似ていますね。

彼らは広告収入ではなく、印税収入という種類になりますが・・・

たとえばマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」という有名な楽曲がありますが、1994年にリリースされて25年以上経つ今でも、クリスマスシーズンになるとあちこちで耳にするし、カラオケで歌われていて、当然これには印税収入が発生してます。

これも、長期間コンスタントにリピートされる資産型コンテンツですね。

 

一部の(ちゃんとした)ネットワークビジネスも、獲得した販売網が資産にあたり、これを作ることに労働が発生するので、積立の仕事です。

仕組みがハリボテ、または扱ってる商品が粗悪で短命な会社や、こういうことがまったくわかってない脳筋体育会系の参入者が多いので、いかんせんイメージが悪い。

ちゃんとした会社も一括りにされて誤解されやすく、「ちゃんとしたもの」を見抜くのがなかなか難しいという難点はありますが、本質は資産を買うお金を持っていない、広告収入を得られるほど有名でもない一般人が、0から不労所得を作れる数少ない積立の仕事です。

 

※この記事の反響がとても大きかったので、続編で更に掘り下げています。
 不労所得を投資で作ろうとすると、どうなるか?

関連記事>>>【続】不労所得で生活してるけど、みんな不労所得のことわかってなさ杉

 

不労所得はリスクマネジメントの一環だよ?

 

遊んで暮らしたいとか、誰からも命令されず自由に人生を謳歌したいとか、そんなこと以前に、まず収入源が一本しかないことがたまらなく不安だ、という考えの人は普通に殊勝な人だと思います。

ましてその一本しかない収入源が給料だけ、なんて状況であれば、ちょっと体調崩したり入院するだけですぐ収入(程度によっては生活そのもの)が圧迫されますからね。

 

そんな状態で30年ローンの家を買うとか、もはや正気の沙汰じゃない。

それって30年間自分が健康で、会社の業績も横ばい以上であることが担保ですからね。

この変化の激しい世の中で、30年間どちらも健全な状態を保てると思いますか?

 

そういうことわかってなくて、「今の給料なら月々このくらいは払える!」みたいな短絡思考で身の丈に合わない買い物してたら、ちょっと何かあっただけで即詰みますよ。

仮に不労所得で家賃やローンが払えてる状態であれば、最悪でも住む場所は確保されるんですから、これって凄いことだと思いません?

(団信保険でリスクマネジメントしとるわ!とかいう捨て身の反論は受け付けませんよ。それを脳筋だって言うんです。)

 

会社の仕事でも当たり前のように危機管理ってしますよね。

営業職なら今月のノルマを下回らないように、多めに商談をこなしておくとか、現場管理職なら誰がいつ休んでも支障が出ないように予備人員を確保しておくとか。

 

不労所得を得るということは、これと同じです。

万が一、今ある収入が絶たれてしまった時に、最悪の事態を回避するためのリスクマネジメントの一環です。

もし明日、急に会社が倒産しても、いきなり貯金切り崩し生活カウントダウンスタート!みたいな最悪のシナリオを回避させてくれますから。

もし今現在、労働収入一本であることに何の不安も持たず、「かいしゃのしごとがんばってればいつかむくわれる!」というのは残念ながら思い違いです。

 

・・・と、若干多めのdisりでお送りしてきました。

本当は不労所得を作る積立の仕事は楽しいし、人の役に立つ喜びもサラリーマンの時よりずっと大きいよ!って話とか、会社を辞めて自由になるって、耳障りはいいけど自己管理結構大変だよ!みたいなソフト面の話もたくさんしたいんですが、長くなってきたのでまた別の記事ででも書くとします。

 

本記事で不労所得について理解が深まった部分があれば幸いです。

今の2倍3倍働いて(会社の仕事を、じゃないよ)でも不労所得を得ようとするドMさん、僕は尊敬するし、心の底から応援します。

マインドセットとしてこんな記事も書いているので、合わせてどうぞ。

関連記事>>>不労所得で自由に生活するために、僕が実践してきた9のコツ

関連記事>>>今考えるべきは、「キャリアデザイン」ではなく「ライフデザイン」

 

道中は決して楽じゃないけど、その先には大きな楽が待ってるので、一緒にがんばりましょう!

 

ちなみに、会社の昇給なんてアテにするくらいなら、自分で2つ目の仕事を始めた方が短期で収入を増やせるし、自分の価値も絶対に高まります。

まず2つ目の仕事をどう始めていくか、という部分はこちらをどーぞ。

「副業のはじめ方」を読む

 

 

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA