【日本初】ソーシャルレンディング投資のプラットフォーム「Funds(ファンズ)」とは?

 

資金を必要としている企業に個人がお金を貸し付けて、返済と一緒に利子を受け取るという最近話題の投資手法「ソーシャルレンディング」。

 

これまでは各社それぞれ提携した案件を公募する形を採っていましたが、日本で初めてこれをプラットフォーム化したサービス「Funds(ファンズ)」について解説します。

 

「ソーシャルレンディング」って何?という方は

「初心者でもベテラン並みの利益!ソーシャルレンディングとは?」も合わせて読んでみてください。

 

 

「Funds」とは?

 

「Funds」は一言で言うと、「資金を調達したい企業と、お金を貸したい個人」を繋ぐプラットフォームFandsが銀行を介さずに、個人と企業間のお金の貸し借りを仲介します。

 

借り手が金利5%を設定していた場合、仮に貸し手(つまり僕たち)が10万円を貸し付けると、5,000円の利益が得られるということです。
銀行金利よりも遥かに利率が良い投資先なので、今多くの人に注目されています。

 

その中でも、Fundsの運営会社である「クラウドポート」は、金融大手のみずほキャピタルから出資を受けている、ソーシャルレンディング業界で国内No.1のメディアです。

 

 

Fundsの仕組みと特徴

従来は「出資者の募集」と「企業への貸付運用」を事業者が一手に担うのが一般的だったので、僕たちはこの事業者1つ1つを見て回る必要がありました。
個人が運営するネットショップのようなものを想像してもらえるとわかりやすいかも。

 

これだと僕たちは、そのネットショップの名称かブランド名がわからないと、そもそもお店を見つけることすらできません。この個人のネットショップを一箇所に集めたショッピングモールが皆さんご存知の「楽天」ですね。

 

Fundsはそれのソーシャルレンディング版で、日本初のソーシャルレンディング版ショッピングモールということで、近年注目が集まっているわけです。
僕たちはこのFundsの中だけで分散投資が可能で、とても使い勝手が良いプラットフォームなのです。

 

 

【何故?】企業が銀行じゃなくソーシャルレンディングでお金を借りる理由

「企業として資金が必要なら、最初から銀行から借りればいいんじゃないの?」と思う方もいるでしょう。

 

あえてソーシャルレンディングを使うのは、「広告効果による認知度アップ」と「借入先が増える」という2つのメリットがあるからです。

 

僕たち一般人からすると、ニュースになるほど巨額な借り入れでも無い限り、日頃どこの会社がいくら銀行からお金を借り入れたかを知る機会はほとんどありません。
ところが、Fundsのようなソーシャルレンディングを利用することで、一般人にも自分の会社名や事業内容が目に入る機会が増えます。

 

実際、そのお陰で株価が急騰した企業もあるんですよ。

 

 

 

Fundsのメリット

利益が比較的高いミドルリターン案件


fundsの目標利回りは年1.5〜6%
この開きは募集企業による差ですが、銀行金利や国債なんかと比べるとどのくらいハイリターンであるかは一目瞭然ですね。

 

公式サイトにわかりやすい図があったので抜粋しておきます。
ぶっちゃけ投資のリスクは、投資する人のリスクマネジメントに左右されるので、あくまで下記の図は一般論だと思っていただければ。

 

 

超少額「1円単位」で投資可能


投資初心者の練習用にももってこいで、お小遣い程度の金額でも投資可能。
だからといって、あまりにも投資額が少ないと金利が付かないので注意してくださいね。

 

 

投資した後はほったらかしでOK


ソーシャルレンディングは「投資=貸し付け」なので、投資した後は満期まで待つだけ。
株式や仮想通貨のように売買の手間も、チャートを見る必要もないので、忙しい人でも気軽に取り組めます。

 

より詳しく知りたい方は「初心者でもベテラン並みの利益!ソーシャルレンディングとは?」をどうぞ。

 

 

運用手数料0円


書いてある通りそのまんまですが、振込手数料以外の余計なコストがかからないというのは投資をする上で結構重要です。
株やFXなど手数料がかかる投資では、そのぶん利益が目減りしてしまいますからね。

 

 

大手企業への投資案件も多数


ソーシャルレンディングの一番のリスクは、貸したお金が返ってこない「貸し倒れリスク」です。

 

問題なく返済できるかどうかは借りた企業の運営にかかっているので、返済に心配が無さそうな資金力のある会社を選ぶことで、このリスクは最小限に留めることができます。

 

その点、fundsでは誰もが知っているような大手企業の案件も多数取り扱っています。

 

 

公式サイト

 

 

Fundsのデメリット

元本割れのリスクがある


Fundsに限った話じゃありませんが、投資には大なり小なり元本割れのリスクがあります。
メリットのところでも少し話した「貸し倒れリスク」などがまさにこれです。

 

funds内で分散投資ができるという点と、少額から投資できるという点で、このリスクは僕たち側である程度コントロールすることが可能なので、他の投資案件と比べるとリスクマネジメントはしやすいと言えます。

 

 

従来のソーシャルレンディングより若干利回りが低い


冒頭で個人のネットショップに例えたソーシャルレンディングは、高いものだと10%前後の利回りを誇るものもあって、少しFundsは見劣りします。

 

そこだけ見ると「なんだ、ソーシャルレンディングの方がおいしいじゃん」と思うかもしれませんが、投資において忘れちゃならないのが「リスクとリターンは比例する」という原則です。

 

たとえばソーシャルレンディング大手のmaneoは2018年7月に行政処分を受けた、という例もあります。
投資で最も重視すべきことは「どれだけ大幅に増やせるか」ではなく、「いかにリスクを減らせるか」にあります。

 

 

投資したお金は当面のあいだ動かせない


貸し付けたお金は借りて企業に渡るので、基本的に運用期間中の引き出しはできません。
投資する企業の条件によりますが、数ヶ月〜1年くらい待つ必要があります。

 

一時的に動かせないお金になるので、使う予定がない余剰資金で投資しましょう。

 

 

案件によって競争率が高い


注目が集まっていて人気が高いことの証明でもあるんですが、募集開始から30分で終了してしまうことも・・・。

 

 

実際やってみるとわかりますが、眺めていて「おっ!」という案件を見つけてから手続きをしてもまず間に合いません。

 

アカウント登録と投資資金の入金だけでも最短半日はかかってしまうので、先にアカウント登録をして入金した状態で案件を探すことを強くおすすめします。

「Funds」公式サイト

 

 

【おまけ】Funds体験談

 

僕も早々にアカウントを作っておきました。実際中を見てみると、活況具合がよくわかりますねぇ。
利用者が増えているようで多少サイトが重いですが、プラットフォームというだけあって案件の多さはさすがですね。

 

良い案件は待ってはくれないので、さっさとアカウント作っちゃうのが吉です。
Fundsに限らず仮想通貨や株式もそうですが、投資はタイミングが命であって、残り物に福はありません。

 

ステマとかではなく、実際に僕はどんな案件でも口座開設と入金をした状態で良い案件を待って、出てきたら即座に動けるようにしてあります。
良い案件に投資する上で必須なので、「眺める前に準備を済ませる」というクセを付けるといいですよ。

 

ちなみに、登録サイトが多くなると煩雑になりがちなパスワード管理などは、Evernoteの有料版を使って必要な情報は即座に検索できるようにしています。

 

 

まとめ

ということで、日本初の「ソーシャルレンディングのオンラインマーケット」、「Funds」についてもう一度まとめます。

 

Fundsの特徴


●ソーシャルレンディング案件のプラットフォーム、マッチングサービス。
●ここを見れば多くの案件を一度に吟味できる

 

Fundsのメリット


●ミドルリスク・ミドルリターン案件でリターン高め
●1円単位で投資可能
●投資中は完全放置でOK
●振込手数料以外のコストがかからない
●大手企業への貸し付け案件も多数

 

Fundsのデメリット


●元本割れのリスク、貸し倒れリスクがある
●従来のソーシャルレンディングより多少利回り低め
●投資したお金は満期まで動かせない
●案件によって競争率が高いので、事前準備必須

 

 

ということで、初めての投資にも取り組みやすく、分散投資先としてもコントロールしやすいソーシャルレンディング案件でした。
やってみると銀行に眠らせておくよりずっと有意義だということが身にしみるので、少額からでも試してみましょう。

 

 

公式サイト

 

0

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA